★★★ 科学館おすすめ展示案内 ★★★


 ぐるぐるカプセル

        (展示場2階「おやこで科学」
 透明なカプセルの中にカラフルなボールがたくさん入っています。 ハンドルを回してボールのスピードを上げたときに、ボールがどうなるか観察してください。


○解説

★回転するカプセルの中でスピードを得たボールには外に行こうとする力がかかります。 これを「遠心力」といいます。 遠心力はボールのスピードが上がれば上がるほど強くなります。 遠心力と下に落ちようとする力(地球の重力)がバランスするところにボールが並びます。
遠心力

★宇宙でも、衛星や惑星はある決まった軌道を取ります。 これは中心にある星からの引力(重力)と遠心力とがつりあった場所なのです。 この実験装置では、カプセルからの抵抗(抗力)が中心星からの重力の代わりをしています。
衛星軌道 クイズ:ぐるぐるカプセル

●ではここでクイズです。

 右図のように、カプセルにボールが通り抜けられる穴を開け、その外側にカプセルの一部をおおうようなカバーをつけた装置を作ったとします。
 カプセルを回転させてボールが穴のところまで上がって来た後、カプセルの穴がカバーの切れ目にさしかかったら、ボールはどうなるでしょう?
  1. まっすぐ外に飛び出すく
  2. カプセルの回転方向に飛んでいく
  3. その場で下に落ちる
クイズ:ぐるぐるカプセルに開いた穴からボールはどこに行く?

石坂千春のページに戻る
展示一覧

ホームページへ